BLOGブログ

失敗しないWebシステム導入

yamagami / 2022.05.18

システム開発

ITの開発が進み、業務の効率向上のためにWebシステムを導入する企業が増加しています。

しかし、Webシステムの導入に成功している企業もあれば、失敗している企業もあります。
実際にどのような失敗例があるか、成功するWebシステム導入を解説していきます。

Webシステム導入の失敗例

準備不足でWebシステムの導入を進めてしまった

準備不足のまま進めてしまって完成したWebシステムが企業と想定していたものと異なってしまい、導入失敗に終わってしまいます。

「操作が難しく一部の人しか操作できない」「導入したWebシステムが従来使っていたExcelなどと連携が取れていない」などのような問題からシステム導入の失敗につながってしまいます。

費用がかかりすぎて費用対効果に見合わない

導入したものの、「予算オーバーに陥る」「費用対効果が得られなかった」というケースです。

「機能が多いほうが優れていると考えてしまった」「システム導入範囲を広げすきてしまった」などからWebシステムの導入費用が高くなってしまい、導入の失敗につながってしまいます。

成功するWebシステム導入

では、どのようにすればWebシステムの導入が成功するのかご紹介します。

導入の目的を明確にする

Webシステムを導入する際は、導入する目的を明確化する必要があります。
企業の方針として、なんのためにシステムを導入するのか、意義を明確にします。

また、その意義を社内に周知します。「業務の効率化」だけではなく、Webシステムを導入する事によって作業にかかるストレス軽減や労力削減につながることを伝え、Webシステムの導入に対する意欲が高まります。

社内の意見を適切に反映させ、社内が求めているWebシステムを構築がすることでよりよりWebシステムができます。

業務内容にあったシステム構築

私たちは、システム開発の専門家ではありますが、企業からの依頼内容が不十分では、企業が本当に必要にしているシステムは作ることができません。

そのため、事前に導入するシステムと現状の業務内容との親和性を重視することが大切です。

しかし、どれだけ業務に合ったシステムを選んだとしても、すべてのニーズを満足させることは難しいかもしれません。そのような場合には、業務内容をシステムに合わせていくことも重要でしょう。

私たちの取り組み

Cruwでは、お客様の課題ややりたいことをヒアリングして、最適なWebシステムをご提供を致します。

一度、こちらよりお問い合わせ下さい。

ご提案の流れ

現状把握と既存システムの確認

まずはヒヤリングから、現状の課題を把握します。また既存システムのリニューアルの場合であれば、既存システムの管理画面や操作方法を確認します。ヒヤリングを通して、お客様がどのようなシステムを導入するとベストなのかを、様々な視点から考えます。

システム企画・設計

現実的に自動化・システム化できる部分をお客様と擦り合わせて決定していきます。決定後は、お客様のご希望とターゲットユーザに合わせたシステム開発を制作していきます。

フロントエンド制作・
システム開発

仕様確定後、ブラウザ上で確認ができるようにコーディングを行います。コーディング後は、システム開発を進め、実際に動作する状態まで仕上げていきます。

リリース・改善

テストまでをクリアし、正常動作することが確認されましたら、お客様に納品されます。納品後は、現場の声に注意しながら、改善点の確認・対応を繰り返していきます。