BLOGブログ

受発注担当を増やさず業務を回したい

2022.05.13

システム開発

人為採用が厳しい時代背景のため、取引量が増えることによって業務担当者も増やす必要が生じてしまいます。

そのため、受発注業務量に左右されないようにアナログで行っていたFAX、電話の対応をシステム化する必要があります。

解決方法

解決方法は、EC・Web受注システムの導入です。

EC・Web受発注システムの導入により、注文データを社内の業務システムに入力するだけとなり、お得意先の社数や注文数のボリュームに左右されることなく対応することが可能になります。

ボリュームが増えても、業務の負荷が上がらないため、人員を増やすことなく対応ができます。

効果

  • 仕事量に左右されることなく、人員を増やすことなく業務ができる
  • 忙しい時期など、人員配置に対応がなくなるため体制が安定する

ご提案の流れ

現状把握と既存システムの確認

まずはヒヤリングから、現状の課題を把握します。また既存システムのリニューアルの場合であれば、既存システムの管理画面や操作方法を確認します。ヒヤリングを通して、お客様がどのようなシステムを導入するとベストなのかを、様々な視点から考えます。

システム企画・設計

現実的に自動化・システム化できる部分をお客様と擦り合わせて決定していきます。決定後は、お客様のご希望とターゲットユーザに合わせたシステム開発を制作していきます。

フロントエンド制作・
システム開発

仕様確定後、ブラウザ上で確認ができるようにコーディングを行います。コーディング後は、システム開発を進め、実際に動作する状態まで仕上げていきます。

リリース・改善

テストまでをクリアし、正常動作することが確認されましたら、お客様に納品されます。納品後は、現場の声に注意しながら、改善点の確認・対応を繰り返していきます。