BLOGブログ

FAXや電話注文の手間をなくしたい

2022.05.13

システム開発

既存取引先からの受注形態の大半がFAXや電話・メールでのアナログ注文のため、人的負荷が高く、手間がかかってしまいます。

FAX注文の場合、内容確認を行い、抜け漏れをチェックして、不明点があれば得意先に確認する手間がかかってしまいます。
また、電話注文の場合でも取引先の情報や商品などに聞き間違いがないか、聞き間違いによる受注ミス、時間ロスなど対応時間の負担が大きいのが課題になっています。

こちらの課題はWEBシステムを導入で解決が可能です。

WEBシステムの導入で、既存取引先からの注文が24時間365日、場所と時間を問わず注文が可能になります。

受注数、納品先、希望到着日時などの必要情報を登録して注文する仕組みを取り入れることで、顧客管理もでき、スムーズな発注に繋がります。

既存取引先も、在庫状況や商品単価、過去の注文履歴などをWEB上で確認することができる仕組みに構築すれば、注文ミスや作業の手間が削減できる期待ができます。

ご提案の流れ

現状把握と既存システムの確認

まずはヒヤリングから、現状の課題を把握します。また既存システムのリニューアルの場合であれば、既存システムの管理画面や操作方法を確認します。ヒヤリングを通して、お客様がどのようなシステムを導入するとベストなのかを、様々な視点から考えます。

システム企画・設計

現実的に自動化・システム化できる部分をお客様と擦り合わせて決定していきます。決定後は、お客様のご希望とターゲットユーザに合わせたシステム開発を制作していきます。

フロントエンド制作・
システム開発

仕様確定後、ブラウザ上で確認ができるようにコーディングを行います。コーディング後は、システム開発を進め、実際に動作する状態まで仕上げていきます。

リリース・改善

テストまでをクリアし、正常動作することが確認されましたら、お客様に納品されます。納品後は、現場の声に注意しながら、改善点の確認・対応を繰り返していきます。