BLOGブログ

営業業務のデジタル化

yamagami / 2022.05.16

システム開発

現在は多くの企業が「テレワーク」という働き方に移行していることもあり、オンライン化が進んでいます。
そのため今後は、オンラインを中心とした非対面での営業活動が行うことは、避けられません。

多くの企業は、「オンライン上でどのようにして自社製品やサービスを顧客に発信していくか、どのように営業活動へとつなげていくか」という今後のビジネスの課題を解決手段として、Webサイトのコンテンツを充実させることやオンライン商談ができる環境つくることがあげられます。

デジタル化の例

営業コンテンツの充実化

Webサイトのコンテンツを充実することで、24時間365日営業ができる仕組みができます。

製品・サービスの詳細などの有益なコンテンツをWebを通して提供することで、新規顧客の獲得が可能になります。
こうした営業スタイルは、「インバウンド型」や「プル型」営業と呼ばれ、自社に関心度の高い見込み顧客の流入を増加させる狙いがあります。

オンライン商談の導入

「オンライン商談」を取り入れ、営業の成果を向上させることに成功した企業が多く存在ます。

オンライン商談のメリットは以下のようになります。

  • 移動にかかっていた費用・時間の削減
  • 1日の商談件数が増やせる
  • 商談可能地域が全国

オンライン商談で削減できた営業コストでサービスの充実を図らば、より魅力的なサービスを顧客に提供できます。

オンライン商談は、1日の商談件数を増やせることも魅力です。
人手不足に悩まされている企業は、オンライン商談の効率を高めれば、悩みを解決できると思います。

また、遠方の企業とも気軽に商談ができます。
今までよりはるかに多くの顧客開拓に繋がります。海外進出を考えている企業は、オンライン商談を活用することで気軽に取引先を見つけることができます。

ご提案の流れ

現状把握と既存システムの確認

まずはヒヤリングから、現状の課題を把握します。また既存システムのリニューアルの場合であれば、既存システムの管理画面や操作方法を確認します。ヒヤリングを通して、お客様がどのようなシステムを導入するとベストなのかを、様々な視点から考えます。

システム企画・設計

現実的に自動化・システム化できる部分をお客様と擦り合わせて決定していきます。決定後は、お客様のご希望とターゲットユーザに合わせたシステム開発を制作していきます。

フロントエンド制作・
システム開発

仕様確定後、ブラウザ上で確認ができるようにコーディングを行います。コーディング後は、システム開発を進め、実際に動作する状態まで仕上げていきます。

リリース・改善

テストまでをクリアし、正常動作することが確認されましたら、お客様に納品されます。納品後は、現場の声に注意しながら、改善点の確認・対応を繰り返していきます。