BLOGブログ

SEO対策における記事・コンテンツの正しい更新方法

yamagami / 2022.05.19

Web制作・ホームページ制作

SEOを意識する際の「更新」は、実際にどのように行うのか、頻度はどのくらいがいいのか、あまりイメージを持てていない方も多いと思います。

更新頻度を増やすことがSEO対策になるという実例もありますが、単純に部分的な文章を変更したところで効果がでません。

この記事では、SEO対策の更新頻度について解説します。

更新が重要とされる理由

最新の情報になる

更新頻度が重要な理由の1つ目は、最新の情報になるということです。

最終更新日が、何年も前のサイトはSEO評価が弱くなります。

また、適度に更新されているコンテンツは、ユーザーからの信頼も高まります。

複数のキャンペーン情報を取り扱っているサイトでは、常に最新のキャンペーン情報を網羅する必要があります。
しかし、1年前のキャンペーン情報しか取り扱っていない場合、ユーザーがすぐに離脱してしまい、SEOが悪くなってしまいます。

更新頻度はユーザーにとって重要な項目になるため、ユーザーのために最新の情報を取り扱うことで、結果的にSEOにも良い影響をもたらします。

コンテンツの質が高まる

更新頻度がSEOに重要な理由の2つ目は、コンテンツの質を高まるからです。

コンテンツに最新の情報を取り入れたり、最新記事の内部リンクを貼ることで、ユーザーにとって有益な情報をお届けやすくなります。

なお、コンテンツの質を高めるため際に気をつけないといけないのは「文字数」です。
文字数が多いということだけでは、コンテンツを網羅できているということにならないので、コンテンツの質と文字数に深い関係数はありません。

長文になると離脱率も上がってしまうため、適切な内容を届ける意識を持つことが大切です。

クローラーが回りやすくなる

最もSEOと関係を持つかもしれないのが、3つ目の「クローラーが回りやすくなる」になります。

クローラーは常に更新頻度が高い記事やサイトから優先してクロールする傾向があります。更新頻度が高いサイトの記事はインデックスされるまでの速度も速く、更新頻度が高くないサイトは、クローラーもあまり巡回しません。

そのため、サイトの中で優先してSEOの順位をあげたいコンテンツがある場合は、積極的にコンテンツの質を高めるするようにしましょう。

効果が出る記事の更新方法

SEOに効果がある更新方法は、主に3つです

  • 低品質のコンテンツを削除する
  • 低品質のコンテンツを書き直す
  • 重複コンテンツを結合する

低品質のコンテンツを削除する

効果が出る1つ目の更新方法は、低品質なコンテンツの削除です。

低品質なコンテンツがひとつでもあれば、サイト全体のSEOに影響を与えてしまいます。

何らかの理由によって低品質なコンテンツを削除したくない場合は、3つ目の重複コンテンツを結合する方法も効果的になります。

低品質のコンテンツを書き直す

効果が出る1つ目の更新方法は、低品質のコンテンツを書き直すです。

「検索順位が低い」「離脱率が高い」「滞在時間が短い」など低品質なコンテンツには、さまざまな要因があります。

「検索順位が低い」では、競合記事に含まれていて、自分の記事には含まれていない情報を追加します。
「離脱率が高い」では、タイトル・コンテンツ・キーワードの関係背を見直します。
「滞在時間が短い」では、読みやすいデザインにします。

このように書き直す際は、現状の課題を解決すために方針を定めることが重要です。

重複コンテンツを結合する

重複コンテンツの統合とは、異なるキーワードで記事を書いているのに「同一キーワード」で、検索順位が決定されてしまうことを指します。

こうなってしまうと、記事に対するSEO評価が分散してします。また、重複コンテンツは「重複コンテンツ」というペナルティ対象になることもあり、順位が大きく下落する可能性があります。

そのため、1つのコンテンツに2ページ分の情報を結合するという方法があります。2ページ分の情報が1つのコンテンツに集まるため、より濃いコンテンツを作れます。

まとめ

SEOと更新頻度について解説してきました。
更新頻度そのものに直接的な関係があるわけではなく、コンテンツの質を高めることにより、SEO上位を獲得できる可能性があります。

ぜひ、高品質なコンテンツを制作してみて下さい。

/