BLOGブログ

参考にしたい自治体のホームページデザイン5選

2021.06.25

Web制作・ホームページ制作

各地域の魅力を発信する自治体のホームページデザインを紹介します。

地方自治体のサイトにはいろんな役割があるため、トップページは情報が多くなります。

そんな中でも、見やすく利用しやすい自治体のホームページデザインを厳選して紹介します。

自治体のホームページデザイン5選

帯広市

帯広市

北海道帯広市のホームページです。

ファーストビューで画面いっぱいに写真を使いインパクトがあります。
トップページには、instagramと連携されていて「#撮ろう帯広」のハッシュタグをつけた投稿が、表示されています。このようなコンテンツがあると、自分の街の魅力を再確認できるデザインです。

「市民の方」向け、「観光の方」向け、「移住、ふるさと納税」向けと区別されており、目的の場所に迷わずページ遷移できます。

本庄市

本庄市

埼玉県本庄市のホームページです。

こちらのサイトは可愛らしいデザインになっています。
ナビの背景や見出しの装飾などにこだわっているのが伝わります。
「えがお写真」というコンテンツがあり、このコンテツは市民の方から投稿された写真を掲載されます。家族や知り合いが写っていると、ついアクセスしたくなります。

色のトーンが統一されていて、多くの色を使っても見やすいデザインになっています。

三戸町

三戸町

青森県三戸町のホームページです。

こちらのサイトは、ねこのイラストが印象的なサイトです。
このねこのイラストは、水戸町出身の漫画家故・馬場のぼる氏の作品になります。
コンテンツの邪魔をせずに、隙間にうまく使った可愛らしいデザインです。

ファーストビューに導線を大きく使い、ユーザーが目的に辿りやすくなっています。

壱岐市

壱岐市

長崎県壱岐市のホームページです。

波をモチーフにしたり、魚・イカのイラストを使用していて、島である壱岐市の雰囲気が伝わってきます。
サイト全体が、青色に統一されいてとても爽やかなサイトです。

丸いアイコンを使いカテゴリー分けをして、サイトに馴染んでいる導線ができています。

恵那市

恵那市

岐阜県恵那市のホームページデザインです。

ファーストビューの大きな写真から恵那市の自然を感じます。
アイコンを使うことやフォントのサイズを大きくすることで、高齢の方でも見やすくなっているデザインです。

まとめ

ウェブから情報を得る世代がどんどん増えている中で、自治体においてもHPが重要さを増しています。

自治体のホームページ制作をする際は、ユーザーが使いやすくしたり、街の雰囲気を伝えることでユーザーが親しみやすいホームページになります。

わかりやすいナビを設置すれば、情報が多いサイトでも、ユーザーは迷わず目的にたどり着くことができます。